ディーラー車検

車検についての説明と安くする方法

車検についての説明と安くする方法

車検は車を所持している人であれば必ずしなければいけない検査のことであり、自動車検査登録制度を略したのが車検といいます。

最初は3年でそれ以降は2年後との更新となり、車検を受けていない車を乗ることは禁止されていますし、見た目が正常でもどこか中身が壊れていることもあり、そういうのを放置すると事故の原因となりますので、車検は車を乗る上での義務と思い忘れないで行ってください。

車検に必要な費用は人によって違いますが、10万円から15万円用意していれば大丈夫です。

一日で終ることもあれば修理のために数日必要なこともありますが、車検を行う会社から無料で車を貸してもらえることもありますのでショップに相談してみると良いでしょう。

車検の人湯を少しでも抑えたいときは、ユーザー車検がおススメです。

通常はディーラーや整備会社などに依頼して車検をしてもらうのですが、ユーザー車検は書類の準備から実際に検査するまですべて一人で行わなければ行けません。

ユーザー車検だと通常の車検の半値くらいで車検を終了させることが出来るのでお得ではあるのですが、書類を準備して陸運局に持って行き、重量税の納付、検査など色々とやらなければいけないことがあるので、手間がかかりますし、知識が無い人が行うとかなり時間がかかります。

検査を受けられるのが平日のみなので平日休みを取る必要があり、車検に落ちたら直した後に再び車検を受ける必要があるので、思うように車検が終らないこともあります。

少しでも安くしたいと思う人は頑張ってユーザー車検を試してみると良いかと思いますが、慣れるまで時間がかかるので面倒な人はプロにお任せしましょう。

メンテナンスをプロにお任せするなら岡山で板金はコバックがオススメです。

Copyright© All Rights Reserved.