ディーラー車検

車検切れしてしまった場合の対処法

長期間の出張であったり海外などへの旅行など、故意では無い理由で自家用車の車検を受ける事ができず、奇しくも車検切れとなってしまった場合にも、適切な対処法が幾つか存在しています。

まず、最も重要となるのが、当然ながら車検切れとなってしまった自家用車の車検を再度取得するという点です。ただし、ここで注意点が一つあります。

例えば、車検切れとなってしまい、再度車検を取得したい車を、例えば自動車を購入したディーラーや、ご近所などにある車検対応のガソリンスタンドなど該当店舗に持っていく場合、必ず行動を走る必要がありますが、これは厳禁です。

というのは、車検切れとなってしまった自動車は、原則として公道上を走ることが禁止されており、違反すると刑事罰に処せられる危険性があります。

ですから、該当店舗まで車検切れの自動車を運ぶ場合の方法としては、主に2つが当てはまります。1つは、キャリアなど自動車を運ぶことができる専用車を使った運搬方法です。そして、もう一つが、仮ナンバーという臨時ナンバーを取得し、車検が完了するまでの間、自動車に装着しておく方法です。仮ナンバーに関しては、居住する市区町村の該当窓口で申請し取得することができるので非常に簡単です。仮ナンバーを装着することで、期間限定ですが公道を走ることができます。

ただし、車検が切れてしまった自動車の場合、一般的には車検時に更新作業が行われている自動車保険の一つ、自賠責保険も同時に切れている可能性が高いので、できるだけディーラーなどに依頼し、専用車による運搬依頼を行うようにしてください。

もしくは、車検を更新するつもりがない場合には、車両をそのまま中古車買取業者などに売却するのも、一つの方法として有効です。

Copyright© All Rights Reserved.