ディーラー車検

車検を受検する方法と注意点

検査する人

自動車や一定排気量以上の自動二輪車を所有しているドライバーの方は、定期的な法定点検である車検を受検し、通過する必要があります。

基本的に、車検を受ける際の手順としては、車検切れとなる自動車や自動二輪車を、車検制度によって定められた手順を満たすことができる自動車修理工場や車検場に持ち込み、実際に点検を受けるところから始まります。

この際、点検中に何らかの不備が車両に発生していた場合、修理や部品の交換などを行う必要があり、これらの条件が完了されない限り、車検に合格することができません。

一般的には、車検を受ける上で最も手軽な方法として、自動車販売ディ-ラーであったり、自動二輪車の場合はバイクの販売店に持ち込み、車検の依頼を行うのが一番簡素です。ただし、車検には税金や手数料など様々な名目での費用が掛かるため、できるだけ安く抑えたいという方の場合は、こうした販売ディーラーや販売店を通じた受検方法ではなく、自らのチェックで車検の合格を取得することができるユーザー車検制度であったり、格安で車検を通過させることをサービスとして提供している店舗や工場などを利用すると良いでしょう。

これらの方法を選ぶことで、通常の受検よりも2割程度安く費用を抑えることが可能です。

また、車検を受ける際、無事に合格するためには、毎年請求が行われている自動車税の納付が必須となります。自動車税を滞納していたり払い忘れていると、車検時にこの点が不備として指摘され、たとえ車両が車検制度による点検に合格出来る状態であっても、不合格となってしまうので、くれぐれも滞納しないように注意してください。

Copyright© All Rights Reserved.